テレフォンセックスマニア

TOP
テレフォンセックスガールイメージテレフォンセックスガールイメージその2

女の子はサクラなの?

ライブチャットの女の子

ライブチャットサイトの場合はサクラではなく、「チャットレディー」と呼ばれている女性達で、サイトからお金をもらってパフォーマーとしてサイトに待機しています。

パソコンなどのライブチャットサイトでは、ほとんどが「通勤」と呼ばれる女性達で、ライブチャットスタジオなどに出社して男性会員とお話をしています。

携帯などで使えるライブチャットサイトなら、ほとんどが「在宅」のアルバイトの女性なので、仲良くなってしまってリアルに会った、即エッチした、なんて話は日常茶飯事です。

テレクラの女の子

テレクラサイトの場合は全国各地からテレフォンセックスがしたい女性や気が合えば待ち合わせしたいという女性から電話が鳴っています。

レディコミなどに運営者が沢山広告を打っているので、それを見て興奮した女性が普通にコールしてきます。

近い地域の異性と繋がれることから、今でもその人気は衰えるどころか昨今ではさらに上昇傾向にあります。

しかし、テレクラサイトには「テレフォンレディー」というテレフォンセックス専門のアルバイト募集広告も存在しています。

テレフォンセックスを楽しむには問題無く楽しむことが出来ますが、「待ち合わせして会いたい」場合はこのテレフォンレディ(サクラ)は絶対に待ち合わせ場所に来てくれません。

テレクラサイトで待ち合わせ目的で利用される場合、このサクラとの戦いは付き物ですが、それでも実際に待ち合わせして会って楽しんでいる方も沢山いらっしゃいます。

素性も知らない異性といきなり会うことはそれなりのリスクを伴いますが、それらを懸念していては何もイベントなことは起きないので、どんどんトライすることをオススメします。

ライブチャット出会うことは可能なのか?

ライブチャットサイトに出演している女の子はチャットレディーですので、基本的に出会うことは難しいと言われています。

また、ライブチャットサイトではサイト外で会うことを禁止されています。ですのでサイト内でメアドやLINEのIDを交換しようとしても、サイト内で文字化けされて送れなくなるか、最悪の場合女の子に通報されて強制退会となる場合がありますので、充分にご注意ください。

しかしながらライブチャットサイトで知り合った女性と実際に会った、付き合うことになった、という話も後を絶たないのが実際のところで、仲良くなってしまえば実際に会えることも多々あるのが事実です。

ただ、パソコンのライブチャットサイトの場合、出演しているチャットレディ達は自宅配信などではなく、通勤チャットレディと呼ばれた管理者の元で教育されて出演している女性達が居ます。こういった通勤チャットレディの場合は、管理者に厳しくチェックされている為、ほぼ100%会えないと諦めた方が無難です。狙うならスマホ用のライブチャットサイトに限ります。

テレクラツーショットで出会う際の注意点

テレクラツーショットでは純粋にテレフォンセックスを楽しむ他、実際に待ち合わせして会うということも醍醐味のひとつです。

しかしながら昔から言われているサクラの存在や、待ち合わせ場所に現われない「すっぽかし」ということも多々あるのが事実です。

ここでテレクラツーショットで待ち合わせして実際に会って楽しみたい場合の注意点をまとめておきます。必ず熟読して覚えておきましょう。

美人局

様々なサイトで美人局に注意と叫ばれていますが、事実今現在でもこのような事をする輩が多数存在しているようなので、十分に注意が必要です。この際待ち合わせ相手の女性が指定するホテルには絶対に行かないこと!!

援助交際

店舗型のテレクラ店では圧倒的に援助交際目的の女性が多いのですが、無店舗型テレクラサイトにも援助交際を希望してくる女性は非常に多く存在しています。万が一相手の女性が18歳未満なのに年齢を偽っていたりした場合、立派な犯罪となります。社会的地位や家庭も含め、何もかも失い兼ねません。無店舗型テレクラサイトでよく使われている隠語をご紹介しますので、待ち合わせ目的で利用する人は必ず目を通すようにしてください。

JC(ジェイシー)

女子中学生の隠語で相手が完全に18歳未満であることを意味しています。犯罪となりますので注意が必要。

JK(ジェイケー)

女子高校生という意味の隠語でこちらも18歳未満であることを意味しています。犯罪となりますので注意が必要。

JD(ジェイディー)

女子大生という意味の隠語で、相手の女性によっては18歳以上の場合もありますが、危険を含めている為避けた方が無難と言えます。

ホ別苺

ホテル代は別で苺(1万5千円)という意味。履歴が残ってしまう伝言ダイヤルなどで散見されます。

大人の関係で

金銭援助有りで身体の関係を持ちましょうという意味。

ワリキリで

サクっと会ってサクってセックスを楽しんでサクっとお金を払ってくださいという意味。

援助交際自体は犯罪ではない?

援助交際自体は実は犯罪ではありません。と言いますか、管理売春的なことを行っている場合に犯罪となり、個人間の援助交際は違反ではないのです。18歳未満の女性と行ってしまうことで立派な犯罪となるのです。都道府県によって青少年育成法が異なり、もっと厳罰な地域もあったりするので、くれぐれも18歳未満、20歳未満の未成年者とは関係を持たないことが大切です。援助交際についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの「シェアしたくなる法律相談所」を確認してみましょう。

未成年者

興味本位で電話をしてしまう未成年者は今現在でも後を絶ちません。相手が未成年者と分かったら優しく注意して後々大きなトラブルとなることを回避するようにしましょう。何があっても断らなければなりません。

デート商法

「お気に入りのお店があるんだ」という誘い文句で付いていくと高額な商品を契約させられてしまうという悪質極まりない商法。女性に主導権を握らせないようにして回避しましょう。

自分は大丈夫。と誰もが思っています。いつ自分が当事者になるかは分かりませんので、予め注意して利用するようにしましょう。

テレフォンセックスサイトで急増するパパ活

最近になって、テレクラツーショットサイトやライブチャットサイトで急増しているのが『パパ活』目的の女性達です。

パパ活とは、デートや食事にお付き合いする代わりに、お礼を男性からもらうというもの。

肉体関係を結んでいない為、援助交際には該当しないと言われていますが、その実態は大半が肉体関係を結んでしまっていると言います。

結局は何度も会ったりしている間に情が沸いて、最終的には肉体関係を持ってしまう女性が多いようですが、パパ活には『都度』『定期』という言葉があり、都度はその名の通り都度会う人を変えるという意味で、定期はその名の通り、定期的に会うパパを指しています。

パパ活をする女性は大金を欲しいが故に、定期となるパパを探す女性が多いのですが、『都度狙い』でテレフォンセックスサイトを利用してパパを探す女性が急増してしまっているのです。

テレクラやライブチャットなどでは直接会ってしまうというパターンは非常に多く、アダルトコンテンツであることから手っ取り早く肉体関係に直結する為、パパ活慣れしてしまっている女性からすると、『手っ取り早く肉体関係を持って手っ取り早くお金を貰いたい』という目的なのです。

テレフォンセックスのサイトでは身分を伏せて利用することが出来る為、パパ活目的で利用する女性にとって都合が良い場、ということのようなのです。

普段からテレフォンセックスサイトを利用している人にとっては非常に良い迷惑でしかなく、折角待ち合わせに成功して意気揚々と待ち合わせ場所に行くまでは良いですが、『パパを探してます』と言われたらそれは凹んでしまいますよね。

最近急増しているパパ活目的の女性ですが、大半が会話の際にはパパ活目的ということを伏せて待ち合わせに応じる場合が多い為、「もしかしたらパパ活目的?」と事前に確認しておくと良いでしょう。

AD

人気ジャンル

Information